ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

「なんでもない日」と「二十四節気」

雨が続きすっかり寒くなってきました。コロナに対する認識も徐々に薄れてきて、慌ただしい毎日が戻ってきつつあります。私凡人も最近は仕事に追われ日々があっという間に過ぎていきます。

 

そんな中でもやっぱり季節を感じる余裕だけは持ちたい。ちょっと立ち止まってそこに意識的にも目を向けていたいと思います。

 

今では日本も新暦(グレゴレオ暦)が広く使われていますが、これはローマのカトリック教会で中世に作られた暦です。地球が太陽を一周するのを1年とし、一週間を7日間のリズムで分けたものになります。

 

しかし少し前の日本では旧暦(太陰太陽暦)が使われていました。これは太陽と月のめぐりを元に作られた暦で、日本の風土に合った自然とともにある暦であると言えます。この自然とともにある暮らし方の方が自分にはしっくり来るし、魅力的でもあります。

 

季節を太陽の動きで表したもの-太陽の周りを公転する360°を24等分した15°ずつ、15日ごと-を二十四節気といい、その位置から季節の指標にしたといいます。春分夏至などがこれに当たります。

 

そして今日、10月18日がどんな日かというと晩秋となり台風も収まってくる頃だといいます。創作意欲や食欲がもっとも高まるところ。そしてその中でも寒露(10月8日頃から)に当たるそうで、露が霜に変わる直前の大気の安定して秋が深まる時期だそうです。

 

最近は雨が多いですが、空気が澄んで秋晴れが多くなるみたいです。今日は日曜で休みなので秋晴れをみたいものです。こんななんでも無い日に立ち止まって季節を感じることを少しでもやっていけたらと思います。