ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

「旅」と「旅行」

先日新しいプロジェクトの打ち合わせがあり、とてもワクワクする時間になりました。以前「BOUNDARY」というフリーペーパーを発行していた方が新しく会社を立ち上げるということで、映像屋として関わらせてもらうことになりました。

f:id:zono2400:20201015021338j:image

 

これがフリーペーパーか!と思うくらいデザインも紙質もクオリティが高いですが、やはり内容も素晴らしい。「BOUNDARY」とは「国境」とか「境界」という意味で、「国」だけじゃなく「自分」も越えていこう意味が込められているみたいです。それをベースに「あなたは人生でどんな旅をしていますか?」というコンセプトのもと4名の色んな職種の方にインタビューをしたのをまとめたモノです。飲食店オーナーや写真家などさまざまです。

 

実際の旅の体験談を元に今の自分がどのように形成されたかが魅力的に語られていきます。どのエピソードも素敵で気づきや勇気を与えてくれるものばかりです。ですがここで考えてみると旅の体験というのはどんなに頑張ってもその空気感や気付きは得られたとしても、実感としての学びにはならないということです。

 

「肌で感じる」というか自分の中に最終的に落とし込まれて学びになるのは自分で体験すること以外には無いということです。そこで得た感覚を元に自分で何か新しいアウトプットを出していくことで、成長に繋がるのだと思います。

 

そしてその新しくアウトプットを出していくということが「旅」と「旅行」の違いなんじゃないかと思います。言い換えれば「旅行」は消費であり、先日の記事で言うと「フロー」であると言えます。「旅」をするということは新たな気付きを得ることで、経験を貯めていく「ストック」ということです。

 

「フロー」と「ストック」初めて知りました - ぼんじんブログ

 

良い刺激をもらって自分も新しい「」に出たくなりました。