ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

「フロー」と「ストック」初めて知りました

正直この言葉を知ったのは、恥ずかしながら私凡人の37歳2020年今年の初めの話であります。未だに理解はしていませんが、経営をするだけでなくビジネスをする以上は必要なことだという事だけは理解できました。いつかはしっかり学ばなければと思いつつ、後回しにしてきましたが、最近仕入れる情報にやたらとこの言葉が出てくるので少し書いてみようと思います。

 

まず理解しているところから言うと、「フロー」とは流れのことで経済的にはキャッシュフローと言ったりします。収入や支出のことで、ある一定期間のお金の流れにあたります。「ストック」はある時点での蓄積量のことで、資産にあたりフローとは対の関係にあるということです。

 

 

そこで最近よく見かけるのは何かと言うと、フローを重視してばかりいる資本主義が行き詰まってきていると言うことです。見かけのお金の流れや売り上げ、そこにばかり重きが置かれるようになってしまった。効率化や最適化ばかりが求められているということです。

 

「ストック」というのは色々な事柄に置き換えられると思います。お金に囚われない見方をすれば、「人との繋がり」であったり、「信頼」なども「ストック」であるといえます。目先の売り上げももちろん大事ですが、その先にある「人との繋がり」や「信頼」を貯めていく事も、この崩れかかった資本主義の時代には大事なのかなと思いました。

 

さらにもう一つ上げると、「食」についても同じとこが言えると思います。すぐに食べれるコンビニ食や、繋がりなどの希薄なファミレスなどは「フロー」だといえます。便利だけど味気ない。それよりも人との繋がりがあり落ち着けるお店や、先日書きましたが手間はかかるけど自分で仕込んだ味噌なんかは文字通り「ストック」になってくれると思います。

 

 

そういう視点で物事を考えれるようになれれば、自分の中に「ストック」が貯まっていき人生が豊かになるんじゃ無いかと信じています。