ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

「宗教」と「ブランド」

「宗教」とか「信者」というと日本人はあまりいいイメージを持って無いのではないだろうか。最近の日本は新興宗教による怪しい事件やしつこい勧誘なども多く、どうしてもそういったイメージを持ってしまいます。

 

しかし本当はもう一つ理由があると思います。それはこれといった信じるに値するモノが無いという事です。日本には昔から仏教や神道が文化に根付いていますが、それを自分の信じる宗教だと思ってる人は少ないんじゃないかと思います。そのかわりに全体を覆う「日本教」があると言われています。自分もそれに同感します。

 

この信じるものがないというのが「宗教」を信じれない理由であり、何かを信じれないという自分を信じれないということにも繋がるんじゃないかと思います。

 

一方「ブランド」というのはその「価値」を信じる事で生まれます。ルイヴィトンのカバンはそれがモノを詰める袋以上の価値があると信じるから、お金を掛けてでも手に入れたいと思うのでしょう。信じる事で生まれると言う点では宗教と近いといえます。ブランドも熱狂的なモノになれば信者も存在するはずです。ディズニーランドは信者だらけです。

 

消費活動では価値を信じたり熱狂的になったりするのに、生き方とか思想とかに共感したりすると「宗教」とか「信者」と敬遠してしまう。それはそういった価値観をその人が信じていないからではないでしょうか。そういった価値観が無いから全体の空気感でなんとなく馬鹿にしてしまう。

 

 

オンラインサロンも同じような扱いを受けてると感じる事があります。中で何をやっているか分からないから怪しい。これからインターネットが閉じてくると中の見えないモノに対する怪しさや不信感は増えてくるんじゃないでしょうか。

 

 

会社のブランディングも価値を信じてもらうところにあると思います。社会との関わり方や思想に共感してもらえるかが、良いブランディングといえます。小さくても信じてくれる人がいる会社を目指したいと思う今日この頃です。