ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

ファンって難しい

ファンと大きく言っても個人に付く場合と、会社や団体やブランドに付く場合があると思う。

 

個人の場合は、その人の発信していることや考え方、その人の人となりにファンになる事が多い。そこからその人の所属している会社や団体のファンになる可能性だってある。

 

会社や団体やブランドの場合は、歴史とか理念といったブランディングの要素が強い。ビジネス的に言うとそうなるのかもしれない。だけどそういった新しくファンになるのとは別に、ファンであり続けるということもある。

 

 

今でこそあまり見ないが野球はすごく好きで、中でも阪神タイガースのすごいファンだった。小学生の時に親父の影響で好きになり、90年代の弱小時代のうだつが上がらない感じがなぜか好きだった。2000年代になって優勝も出来るようになって、その頃から金に物を言わせて良い選手ばっかり取るようになった。どこかで期待を裏切られつつもファンを辞めれない自分がいる。ファンにはそういった中毒性があるのかもしれない。

 

ファン心理は理屈を越えたとこにある。