ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

友人の結婚式

昨日は久しぶりに都内の居酒屋へ。

このコロナ禍の中で結婚式をあげる、仕事仲間の友人の当日の映像を作らせてもらうのでその打ち合わせを。

実は結婚式の最後に流すエンドロールというものをやっていて、その仲間でもありそこの職場同士の結婚式なのです。

 

ブライダル業界もコロナで大ダメージを受け、今でも結婚式は延期が続いていてそんな中でも「こんな最高な結婚式ができるんだ」「こんなすてきなエンドロールが作れるんだ」というのを示したいとの想いがあるみたいで、自分は単純に祝福をしたい気持ちと最高のエンドロールを作りたいただそれだけ。

 

一つ提案させてもらったのは、お互いを撮影した映像を少しでも多く提供して欲しいということ。iPhoneでもデジカメでもなんでも。

前から思うのは、いくら自分たちがプロで技術を駆使して綺麗な映像を撮ろうとも、その人を真によく知っていて身近な存在である人の撮る映像には敵わないということ。

一瞬の気持ちの揺れまでもが現れると思うので、そのブレだったり捉える対象へのちょっとしたカメラの動きはむしろ何ものにも変えがたい。

 

通常ならエンドロールは事前に多くの情報を得ることが難しいけど、今回のような身内の結婚式の場合プレッシャーも大きいけど準備期間もあるので気合も入る。

新しい試みがハマるか分からないけど、素材も含めどんなものにしていくか今から楽しみだ。