ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

映像世界の2極化

今日は自分が属している映像の世界の話をしてみようと思う。

 

現在の映像や動画の市場は、広告やテレビなど予算のわりと大きいものと、最近のYoutubeに見られるような予算をあまりかけずに作られるwebコンテンツの2極化が進んでいる。

 

このwebコンテンツの需要はこれからも高まり続け、映像機材の進化のおかげで個人でもそこそこの映像や動画が作れてしまう印象だ。むしろ個人の方が時間もあって表現の幅も広がりやすい。個の発信が強い時代にはインフルエンサーに任せた方が拡散力も望まれる。

 

なにも武器を持たない町の映像制作会社は今後どんどん淘汰されていくしかない。そこから抜け出すにはやはり商品を持つしか無いと思うし、自分たちの武器はなにかを日々模索し続けている。

 

 

映像としてのクオリティで個人とそこまで差が出せないとしたら、どこに強みを持たせればいいのか?どこに付加価値を付けてやっていけばいいのかを模索しながらやっている。企業にいても個人としての価値を高め発信していくことも大事なんじゃ無いかと思っている。