ぼんじんブログ

凡人の凡人による凡人のための日記

ぼんじん会社員としての心構え

昨日はこれからの会社の在り方みたいなものを書きました。

ざっくり言うと、変化の多い時代、

個人の影響力が強いので会社は橋渡しとしてのプラットフォームになる、

と言うのが会社の役割になってくるということです。

 

そんな中、2年前に初めて会社員になったぼんじんの、

会社員2年目(37歳)の心構えを書こうと思います。

 

一番大事だと思うのは『雇われ精神は止める』ということ。

これのダメなところは他責にしたがるとこかと思います。

会社のせい、クライアントのせい、システムのせい。

これをしちゃうと楽だけど成長しなくなる。

 

そして自分は会社は使い倒すべきだと思います。

社員であるということはある意味守られた存在です。

一人では出来ないことも人数が増えればできる可能性も増えてくる。

その可能性を大いに使うべきだと思います。

 

少し前までフリーランスでしたが、

制作の作業に追われて正直やれてないことも多かった。

会社に入ってやることが限られた分やることをやっていれば、

新しいチャレンジはいくらでもできるはず。

 

 

終身雇用が保証されない今、

安定の道など無いのだから自分の道は自分で切り開いていくしかないと思っています。